日々のこととか

日々のことや好きなものについて

雑記

雨の中、傘もささずに駆けて行くプールバッグを提げた小学生3人組。虫網と虫かごを装備して孫の手を引くおじいちゃん。スマホ片手にポケモンを捕まえるお父さんと娘。嗚呼、夏休み真っ最チュウである。時に今年のポケモンの映画は「ピカピカまっさいチュウ」の「君がいつか出会う 未来の子供たちに 今年の夏の物語 聞かせてあげよう」を体現していてとても素敵だ。観ていないですけど。毎日が夏休みだったら良いのにな、という祈りが以前より切実なものとなっていく。本格的に仕事が始まり、消耗する日々なのです。仕事終わりに行った居酒屋でSMAPの「俺たちに明日はある」がふと流れてきて、なんだか背中を押されたような気持になった(だいぶやられてない?)。今の段階をすっ飛ばして仕事や人間関係に慣れた状態になりたい、というのは甘えですけど、早く自分の裁量で動けるようになりたい。そうなればある程度変わってくるはず。ともかく「ぼちぼちやっていく」マインドを大切にしていきたいっすね。ままならないことばかりだけど、まぁ、なんとかやっていく、というやつ。幼少期に『ぼちぼちいこか』という絵本が好きだったことを思い出して、実はそこに原点があるのでは、なんてことを思うのでした。関西弁による翻訳が絶妙なのです。

ぼちぼちいこか

ぼちぼちいこか

 

最近、オノマトペ大臣の『街の踊り』をよく聴いている。パンチライン盛り沢山な曲たちのなかでも特に「CITY SONG」が好きなのだ。

仕事を抱えた僕達は

週末の夜に無理して会った

眠気こらえた月曜の朝

走る街は君を躍らせた

泣けるぜ。ちなみにフリーダウンロードでございます。

Maltine Records - [MARU-098] オノマトペ大臣 - 街の踊り

Special Favorite Musicの「Royal Memories」という曲がお気に入り。このバンドに関しては「Ceremony」みたいな曲よりも、こっちの方向性のほうが好きだ。潔いほど突き抜けたポップネス。過去に忘れ去られた煌めきの一瞬。そのかけらを集めて未来を明るく照らし出す。MVも相まって素晴らしい。

甘く酔うステップ 止まらないストーリー

君と見た全ての光 涙あふれるような

一瞬の気持ち ねえいつも

時の彼方へ 吸い込まれていく

騒がしい胸のざわめき 生まれては消えてくね

君を想い そして忘れて行く

美しさの中で

他には宇宙ネコ子の『Night Cruising Love / parks』。入江陽のフィッシュマンズ佐藤伸治ライクな歌声が堪らないのです。

いつかは君を忘れるけど

魔法のような日々が続くのさ

「parks」

なんだかどちらも小沢健二の「さよならなんて云えないよ」を想起してしまった。フジロック行きたかったなあ。 

m.youtube.com

www.youtube.com

平日の夜に映画の一本でも観に行く余裕は欲しいところだ。暇を見つけて観に行った『スパイダーマン : ホームカミング』は戦闘シーンが全体的に暗くて分かりにくかったのがちょっと気になったけれど、それ以外は概ね満足である。ストーリーの展開に伴いスケールは大きく、雰囲気はシリアスになっていくマーベルシリーズ(勿論それ自体が悪いということではない)。それが顕著に現れた『シビル・ウォー』において、コミカルさとキャッチーさをもって物語に緩和をもたらしていたのが、アントマンと今作の主人公であるスパイダーマンであった。その愛すべきキャラクター性は今作でも健在だ。アントマンが愛する娘のためのヒーローであったように、スパイダーマンはご近所のヒーローとして活躍する。ヒーローって元々そういう事じゃん?というそのミニマルさが僕は好きなんですよ。だからこそ最後の決断にはおおっとなりました。

以前から読みたかった本を買い込んでいるのだけど、読むペースが全く追いついていないので、積み重なって行く一方だ。まだ「読書」という行為に対して、ちゃんとしなくてはという変な意識がある。映画も昔はそうだったけれど、最近はなくなってきた。もっとフラットに考えられるようになりたい。

表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬
 

オードリー若林の『表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬』を読んでいる途中なのだけど、海外旅行に行きたい気持ちがすっかり大きくなってしまった。とは言え、しばらくまとまった休みもないだろうし、中学生の時に課題図書かなんかで読んだ沢木耕太郎の『深夜特急』でも読み返そうか。オードリーといえば『もろもろのハナシ』のキャンプ回が最高で、ずっと観ていたい。Gorillazの「19-2000 (Soulchild Remix)」がBGMに使われているのもグッド。超ベタだけど、ドライブ中に「イージューライダー」をみんなで歌っている様にグッときてしまう。車の運転と一人暮らしを目下の目標にしようと思います。