日々のこととか

日々のことや好きなものについて

ここ一週間くらいのこと

街のあちらこちらで見かけるクリスマスの文字。気早くないっすか?と思ったが、よく考えればもう12月だった。年末の空気感は嫌いじゃない。終わりを意識させるけど、どこか新しい始まりの匂いがするからだろうか。生活の方はといえば、教習所も無事卒業、三田祭も終わったので一応ひと段落を迎えたところだ。残りの日をぼんやりと過ごしてしまわないよう、今年中にやっておきたいことをiPhoneのメモに書き出してみた。髪を切るだの、眼科にいくだのといった細かいことも含めて、想像以上の数に驚いたが、それらを片付けて消していくのは気持ちがいい。現在進行形で消化中。

その内のひとつとして、企業の合同説明会に参加してきた。特別興味があったというよりは、周りに比べて意識が低いことを痛感することが多々あるので、意識向上の意味合いを込めて。大学の講義を4限まで受けてから向かったため少ししか参加できなかったが、多少なりとも意味はあったのではないかと思う。
f:id:taka_71:20151204213531j:image
帰り道、下北沢のヴィレヴァンで開催中のポップアップショップ「MOTHERとほぼ日と糸井重里。」が今週末までだったことを思い出し、立ち寄る。『MOTHER2』が実機で置いてあったので、久しぶりに少しだけプレイしてきた。この時期になるとSnowmanが聴きたくなる。

せっかく下北沢に来たことだし古着屋を回ってみるかと思うが、雨と寒さにやられすぐに帰宅冬は欲しい服が沢山あって、油断するとお金が飛んで行ってしまう。冬服を着込むのは割と好きだけど寒いのはやっぱり苦手だ。温かくて美味しい食べ物と温かいお風呂がなければやってられない。関係あるのか分からないが、寒いと暖かみのある曲というか、熱量のある曲が聴きたくなる。ブッチャーズとかイースタンユースとか。それとは別に、Enjoy Music Clubのアルバムをよく聴いている。何度も聴きたくなるグッドミュージック。

11月バタバタしていた反動からか、沢山漫画やCDを買ったり、映画をレンタルしたりした。まだⅣとⅤだけだが、ようやくスターウォーズを観直し始めた。旧三部作は、小学生くらいの時にTV放送をビデオテープに焼いて何度も観ていたけれど、以外と覚えていないものだ。新作公開までには全部観ておきたい。『はじまりのうた』が傑作だった。2人がお互いのプレイリストを聴かせ合うシーンが好きすぎる。サントラが欲しくなる。


西尾雄太『アフターアワーズ』1巻を読んだ。印象的だったのは3話後半のシーン。イベントが終わった後の徹夜明けに見る人の少ない明け方の渋谷の雰囲気。気怠げで、でもどこか心は満たされていて。そんな感情を胸に抱えてそれぞれの場所へ帰っていく友人たち。空気感の描写がとても良い。自分の経験にリンクする部分もあり、このシーンで一気に好きになってしまった

アフターアワーズ 1 (ビッグコミックス)

アフターアワーズ 1 (ビッグコミックス)

漫画は他にも山下和美の『ランド』2巻など色々購入したが、まだ読めていない。『よつばと』は絶対に好きなやつなので、新刊発売を機にいい加減読もうと思う。『僕のヒーローアカデミア』がアニメ化決定したらしくて嬉しい。最新刊も相変わらず面白いし。そういやグラントリノヨーダ感あるな

タワレコの二階で目にした『GUITAR POP definitive 1955-2015』を衝動的に購入。ジャケットを眺めるのが好きなので、ディスクガイドはパラパラめくっているだけで楽しい。ふと目に留まったThe Lucksmithsというバンドが少し気になっている。久しぶりに中古CDを漁りたい気分だ。

大学の方はといえば、期末レポートや期末試験の情報なんかも少しだが耳に入ってくるようになった。残りの授業回数を確認して危機感を覚え、あまり行っていなかった授業を受けるなどしている。かつてのクラスの人とかあまり見かけないけれど、どうしているんだろうか。たいして大学に行っていない自分が言うのも変な話だけれど。わざわざ約束する程ではないけど、キャンパスでばったり出会ってしょうもない話をしたい。

忘年会の予定なんかもぼちぼち入り始め、いよいよといった感じだここ数年、年末年始はゆっくりできてないので今年こそはのんびり過ごしたいが、どうなることやら。