読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々のこととか

日々のことや好きなものについて

旅行と夏の終わり

大学のサークルの同期旅行で伊豆へ。海で遊んで、バーベキューをして、お酒を飲んでバカ騒ぎをして、温泉入ってまた海で遊んで…。それぞれのエピソードを語ればキリがないとても密度の濃い2日間だった。そしてなにより、本当に楽しかった。

日吉で焼肉を食べた後、解散。充足感と少しの寂しさを抱えて帰路につく。家へ帰ってベッドで横になると、疲れがどっとやってきて眠気に襲われる。疲労感が何故だか心地よかった。

昼過ぎに起きてしばらくダラダラしてバイト行って帰って寝るみたいな別に悪くはないけど良くもない、何となく終わっていく日。そんな日の連続に嫌気が差すことがある。だからたまにこういうバカみたいに楽しい日があると、なんだか救われたような気持ちになる。こういう日があるからつまらないことも乗り切れるし、とりとめのない日々もちょっと良いかななんて思える。バランスが大事なんだな。

次の日、朝早く起きてツタヤへDVDを返すつもりだったが、当然のように起きられず。15時頃ようやく重い腰を上げて家を出る。教習所の入校手続きを済ませてからツタヤへ。レンタル代よりも高い延滞料金を払う。そのまま帰るのも癪だったので最近行っていなかった近くのラーメン屋へ。最近リニューアルされたと聞いていたが、メニューが増えたりはしていたものの味は変わっていない様で安心した。そのうち高校の友人達とまた行きたいと思う。

甲子園が終わったというニュースを観て、夏の終わりが近いことを知る。夏が終わるのに夏休みは終わらないということに未だ慣れない。結局今年も甲子園を観ることはなかった。自分は中高と部活をあまり頑張ってこなかったので、大会等の明確な目標に向かって頑張っている人たちを少し羨ましく思う。また違う人生があったなら部活に青春を捧げるのも良いかもしれない。

ここのところ気温もだいぶ落ち着いている。真夏のピークが去ったのだろうか。久しぶりにフジファブリックの「若者のすべて」を聴いてみちゃったりする。なんだか感傷中毒になってしまっているみたいだ。まだ夏は終わっていないし、速度落とさずにいきたい。最後に好きな曲を。熱が胸に騒ぐ。